人気ブログランキング |

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 まちこの恋文14   

いらっしゃいませ。
まちこの恋文14_c0195271_1774454.jpg

ようこそ、夢の島へ

わたしたちは、大好きです。

わたしたちを捨てた、あなたたちのことが!

少しでも身に覚えのある、あなたに言います。

あなたのことが、大好きです!


あー!あー!
まちこの恋文14_c0195271_16562869.jpg

あー!あー!
まちこの恋文14_c0195271_1793267.jpg


一切合財世も末だ!!
まちこの恋文14_c0195271_16574154.jpg


孤児の乞食ガールズより

# by kojiki-machiko | 2009-04-14 01:23

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 まちこの恋文13   

あなたが大好きです!私を、えこひいきしてくれたから!

段ボールが暖房のわたしたち乞食ガールズを

おおらかなお布団のように迎え入れ、

ひとつ屋根の下、ねむらせてくださったあなた。

眠りながらも、ふるえていた私たち二人。

そんな二人を見て、わたしにだけ、あなたは、毛布を2枚かけてくださいました。

半分起きていたわたしは、

寝ぼけながらに、内心「あ、つかぴいには、かけないんだ。」

やった!ひいきされてる!

翌朝、幸せでいっぱいでした。

もちろん、つかぴいに自慢しました。

あなたは、笑っておられました。その笑顔の美しさは、まさに、太陽のようで、

見ているわたしは、ひなたぼっこをしているのでした。

寒さに強いと言い張ったつかぴいには、北風の微笑をおくることさえできるあなたにとって、

あれは、えこひいきではなかったのかもしれませんね。

なんにせよ大笑いの朝をくださいました。

そんなある晩のことです。

わたしが、寝汗をかいて、目をさますと。

あなたの耳からは、血がでていました。

あなたは、じっと、ただ、耳をおさえていました。

わたしは、耳から血を出した人をみたことがなかったので、

内心、ウキウキと心躍り、エンターテイナーとしての

あなたの才能を感じずにはいられませんでした。

何か新しい手品でもはじまったかのようで、耳から今度は、

なにが出てくるだろう?と乙女らしく、

華やかな花、小鳥やカピバラ、イルカにピエロ、王子様、耳から生まれた耳太郎!

とメルヘンな気分でいっぱいにしてくれました。

そんな気分に寝起きからさせてくれるあなたは、ほんとうの王子さまみたいでした。いや、耳太郎でした。

もちろん、つかぴいは、寝ていたので、耳血をみせてもらえませんでした。

わたしだけがみることのできた、耳血。

うっとりした、わたしは、もう一度、眠りに落ち、夢を見ました。

乾いた河のほとり、白い城の、暗い蔵の中、悲しいカナリアがおかしなオカリナを吹いていました。

それを優しいあなたは聞いて、血の涙を、耳から流されているのでした。

目覚めるとあなたの耳は、まだおかしな様子でした。

そこで、わたし、大好きなあなたに新しい耳を用意しました。

これです!
まちこの恋文13_c0195271_319766.jpgまちこの恋文13_c0195271_3193072.jpg















間違いなく、あの、ゴッホの耳です。

きっとあなたに似合うはず、もし外国人がいやなら、芳一さんのもご用意します。

とっても気の利くまちこより

# by kojiki-machiko | 2009-04-10 03:30

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 まちこの恋文12   

まちこの恋文12_c0195271_19452388.jpg



本当に幸せでした、

もう、満たしたい欲の、かけらもない、

喜んだりも、しないこと、それが今の、私の望み。



最後に残った欲望は、死ぬことだったの。


何も言わない、風化していく塵になる。

性別とも、やっと、さようなら、

この身体とお別れのとき。心にさようならするの。



やっと気づけたの、

幸せの意味に。とても幸せだから気づけたの。

もう、幸せから解放される日が来たの。


とっても自然な、死。


私の欲望は、消化されちゃった、

今では、なにを見ても、感動しない。

今までで、いちばん、


平和で、


孤独。




もう、ほんとうの自由へ行くの。

この歴史を卒業するの。



ありがとう。



さようなら。





と綴った私を馬鹿笑いさせたのがあなたでした。


私は、もう、死にました。だから、あなたにあげます。

私が必要なら、好きにしていいよ。


わたし、あなたの最後にいう、さようなら、聞くまで、生きることにするから。


あなたの、 遺体と居たい。


それがあたしの最後の欲望。


だから、しょんべんちびるまで、笑わせて。

まちこ
まちこの恋文12_c0195271_19463362.jpg
より

# by kojiki-machiko | 2009-03-29 21:52

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 まちこの恋文11   

真冬の、とても寒い日のデート…


お刺身にワサビ醤油をつけて、

箸で口に運ぶ、

唇に触れると

あなたは、痛そうな顔をした。

わたしも同じことをして、気づいた。


さ、刺し身がしみる…


真冬の真夜中

冷えた牛乳を勢いよく

飲むのが好きだったあなた、

それからいつも、おなかを押さえてた。

これも、私は気づいた


ミルクがしみる…


食べ物の向こう側の生き物を想って、

あなたは、いつも、痛がっていた。

それをみたわたしもいつしかベジタリアンに…


パントマイムするピエロみたいに、
あなたは、わたしに、気づかせてくれた。


悲しみを慈しみ

しみが増えた

あなたのまだら模様の顔が

会うたび、わたしの心にしみるの。

あなたとわたしは、親と子ほども離れているけれど…


好きになってもいいですか?


わたしは、あなたに、親しみと、おかしみをプレゼントします。

ただ、

代わりに、あなたを食べさせてください。

あなたを消化して、わたしは、あなたと一緒に、生まれ変わるのです。


本当は雑食の

まちこ
まちこの恋文11_c0195271_2453740.jpg
より

# by kojiki-machiko | 2009-03-23 02:47

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 まちこの恋文10   

「はなくそはなくそう!」

好きなあなたのために、鼻くそは無くそう!

って、わたしが誓う。するとあなたは、

「そんなことしたら、鼻くそは、泣くぞ!」

きっと、こんな風に私をしかってくれる。
鼻くそ無くそうなんて、思いこみは、けしからん!
と鼻くその気持ちになって教えてくれる。

そんなふうにあなたは、優しい。

私のきれいなところも、そうでないところも、

ほんとうにありのままを受け入れてくれる。

だけど、あたしは、そうは、いかない!

あなたの受け入れられない部分を見つけてみせる!

そしたら、あなたは、きっと、もっと私を好きになる。

そう意気込んだわたしは、鼻くそはなくそうと熱心になり、

気が付くと、鼻からは、血が出る始末でした。興奮も伴ったからでしょう。

あなたのいうとおりでした、なくそうとするのは、どことなく、けしからんことなのですね。

わたしは、世にあるものを、無くそう、とは、思わなくなりました。

あなたのおかげです。

だから、わたしの、あなたに対する気持ちも無くなりません。

あなたとの思い出も好きという気持ちも無くなりません。

たとえ、あなたに会うことができなくても、あなたがこの世にいなくても

好きな気持ちは、無くならないのです。

「私が、あなたを、好きだ」ということが伝わったときのあなたの心も無くなりません。

それだけで、私は幸せを確認できます。ずっと好きです。

そんな風に暮らしていけます。


あの日、ナンパしてくれてありがとう!

まちこ
まちこの恋文10_c0195271_18154215.jpg
より

# by kojiki-machiko | 2009-03-14 18:15

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 まちこの恋文9   

今日も私は、きれいなお花を殺しています、
あなたのせいで。

花びらを一枚ずつちぎってるの。

「好き…嫌い…好き…嫌い…好き…嫌い…好き、好き、すき、
スキ…ス…キ…スしたい」

もぐもぐもぐ、んぐ。

また…、食べちゃった…。お花。キスの変わりに、食べちゃった。
  
このままじゃあたし、この世界のお花、みんな食べちゃうよ。

ねえ、知ってる?
あじさいの味は、切ないカタツムリの優しさがして、
ばらは、バランスがよくて、棘がすっごく気持ちイイの、
ゆりは、揺りかごの中にいたあの頃みたいに、私の意識を浮遊させてくれる、
それから、ほら、チューリップは…、

きっと、キスの味ね…

あ…、私、火照ってきちゃった。

もぐもぐもぐ、んぐ。もぐもぐもぐ、んぐ。
もぐもぐもぐ、んが、んぐ。

ふう、はやくあなたに会いたいなあ!

このままじゃ、あたし、ほんと、馬鹿になりそう。

はやく、会いにきてよ、わたしをこんなに待たせて!

もう!!

って、待ってるだけもバカらしいから

バカンスに出ちゃったからね!

知らないよっ!

もうすぐナンパされちゃうから!



バカンス中のまちこ
まちこの恋文9_c0195271_2327548.jpg
より

# by kojiki-machiko | 2009-03-05 23:37

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 まちこの恋文8   


 どっ恋しょ♪

 どっ恋しょ♪

 寄り切り、押し出し、突き落とし♪
 
 どっ恋しょ♪

 どっ恋しょ♪

 もろ差し、みぎよつ、ひだりよつ♪

 どっ恋、どっ恋、どっ恋しょ♪

 上手だし投げ、すくい投げ、下手ひねりに、内無双♪


 あなたと一緒に作った歌、今でもこうして覚えてます。


 「一緒に住もう♪」

 土俵のことしか頭にないあなたにそう言った私、

 「一緒に、相撲!」

 輝くあなたの瞳、そして、ぶちかまし。

 わたしの、薔薇のあばらに飛び込んで来たあなたの全て。

 そうすること以外に、あなたの表現方法は、なかったのを私、知ってた。

 単細胞、ばかの一つ覚え。
 
 だけど、あなたの中にどれだけの嵐が吹き、涙枯れ、塩となり、

 それが土俵に辿りついたのかな。

 『時がきて、にらみ合ったら、ぶちかまし、はった惚れたも、土俵のことさ』

 そう、詠ってつっぱったあなた。それがあなたの人生に対する態度だった。

 ぱりっぱりっ!と歯切れのいい音をさせて、おしんこを食べる。

 そんなところにも、私、惚れていたの。あまりいい音だから私が褒めたらあなた、

 恥ずかしそうに言ったわ。

 「てやんでい!おしんこを、信仰してるんでい!」  
 
 すぐ、照れて、あたしにぶちかまし。

 あなたのぶちかましを受け止めるとき、その衝撃以外は、何も無くなる。

 それは、幸せという言葉では、語れないほどに、わたしたちの全てだった。

 だけど、やっぱり、うっちゃりで、私、あなたに投げ捨てられちゃった。

 今度は、うっかりうっちゃりされぬよう、いつまでも、ひきつけ、がぶり寄りするんでい! 
 
 
 ほら!

 ハッケヨーイ!!
まちこの恋文8_c0195271_162599.jpg

まちこより

# by kojiki-machiko | 2009-02-26 01:17