人気ブログランキング |

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 まちこの恋文139   

ご生誕32周年おめでとうございます。

あなたさまとの出会いなくば、わたくしなど、

芋の、いの字も知ることはなかったのでしょう。

あなたさまが誘ってくださったから、わたくしは、

芋と出会えたのです。

感謝しても、感謝しきれないような気持ちです。


けれども、これは、わたくしの、いわば、思い込みでありましょう。


芋は、常にあったのですから。

わたしたちは、芋と出会った。

ただそのことに感謝をささげることと、あなたさまに感謝を捧げることは、

同義のように思われます。



とにかく、おめでとうございます。

わたしたち、おめでとうございます。


何か、ご生誕の記念になるものをと思っていたところ、

かえって、あなたさまから、手紙が届いてまいりました。


はじめっから大笑いさせていただきました。


まちこの恋文139_c0195271_2285032.jpg

まちこの恋文139_c0195271_229378.jpg

いつもの音楽交換のやりとりひとつで、このように機知に富んだことをなさる。

さすがとしか、いいようがありません。

あらためて、身の引き締まる、

いや、芋の煮える想いでございます。

本日は、まことにおめでとうございます。


こちらは先日、こしらえた、

庭における、『芋と石の、どれが芋でしょーか?』アトラクションでございます。
まちこの恋文139_c0195271_2230572.jpg


あなたさまと、この庭先で、月見ならぬ、芋見をしたい。

そうイモイモと思う、今日です。

まちこ

by kojiki-machiko | 2013-09-13 22:33

<< まちこの恋文140 まちこのお絵かき2 >>