人気ブログランキング |

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 まちこの恋文88   

いま、わたしは、

冬の陽の中にいます。


想い出すことは、

つらい労働に荒れた、子供の手。

どの子も母親の特別な存在だった。


握りしめているのは、一枚の切符。

狂う寸前まで、迷って、答えを決めた。


数字が書いてある。


いつかの痛みを抱きしめて、年老いた少年たち。

その中に、あなたを探しに来ました。

それにしても、いい天気。
まちこの恋文88_c0195271_22582215.jpg

あなたから送られてきたゴミを頼りに、やってきました。

眼光鋭い少年は、目が合うと、

あまりにきれいな目で笑ったので、一瞬、あなたかと思いましたけど

「しんぶん、あげるよ。もう、かえるから。」

と、両手に杖して、去って行ってしまったわ。

ああ、あなたは、オケラになってしまったのね。まだ、午後1時。

それにしても、声まで、やさしかった。

まちこの恋文88_c0195271_23573316.jpg
回る車輪に、反射する小さな光の列。
まちこの恋文88_c0195271_0254921.jpg
運命の輪は、バンクに姿を変えて、身勝手なわたしの夢も乗せて回るわ。
まちこの恋文88_c0195271_23581160.jpg

虹色が音もなく、滑って行く。


ここには、何かあるわ…夢が膨らんでいく


ゴールは、そうね、どこにしよう…

たとえば、夏の海!

波打ち際をゴールに決めて、

人のいない道をさがして、青い空、カモメがカモンって言ってるわ!

そうよ、地図の通りに行くことなんてないわ!一緒に走るの。

カーブのたびに、私は、両手を羽にして、歓声をあげる!

あなたの目は、魔法の目。海岸で開眼する二人の恋!

タイツ穿いて鯛釣ったりなんかして、男前の落とし前を見せてもらうんだわ!

「一体化って、言ったイカがいたねえ。」なんてあなたは言う。

そして、わたしは、あなたに裸にされちゃう。

でも、もちろんすぐにからだを許したりしないわ。

いつもあたしが追いかけてばかり、今度は、あなたが追いかける番よ!

あたしは、逃げるの!

あの山のてっぺんでイカになるんだから!
まちこの恋文88_c0195271_184277.jpg



なんて思っていたら、


レースが終わっていた。
まちこの恋文88_c0195271_1382222.jpg


想い出だけを杖として、

未来は過去となっていくのね。

枯れし泉に、彼氏なし


まちこのあほう!

レースは、何度でもあるのよ!


…さてと、

次の男はどれにしようかしらねえ。
まちこの恋文88_c0195271_251193.jpg



賭博場には、その名の通りバクがいる。

夢を食べているみたい。

だけど、あたし、知っているわ。

バクだって夢を食べなきゃ生きていけない。

バクの中は、夢でいっぱいよ。ステキ。


それに、賭けることそのものが幸運だってこと。


あなたを追いかける。

涙に似た雨だけが、

空に虹を架けることができるのよ。

ほら!

今度こそ!!
まちこの恋文88_c0195271_1455466.jpg


あなたに賭けるまちこより

by kojiki-machiko | 2011-02-20 02:20

<< まちこの恋文89 まちこの恋文87 >>