無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 まちこの日本昔話2   

はいはい、今夜もあなたに昔話してあげるわね。
寝たら、まあ、いつものように、夜這いね。

いまはむかし、

あるマンホールの下に、子供たちが住んでおりました。

こどもたちは、気晴らしに歌をうたっておりました。このような歌です。


ちいさな頃から、穴蔵暮らし
闇をさまよいながら、大きくなった
生まれた家にも、明かりはなかった
なんで、この世に生まれたのか
母さんは、なんでぼくを、生んだのか
おなかは、毎日減るけれど
食べるものなど、ありゃしない
しかたがないから、歌ってる♪


その、歌を聞いた、ある、娘がおりました。
c0195271_217768.jpg


娘は、ごめんなさい。とおもいました。
生んでごめん、あたし、さみしいから、自分の分身がほしかったの。
売女でごめん、弱くてごめん。

貧しい娘は、自分の子供につらい想いをさせる気がしたので、
c0195271_21283647.jpg
娘を川に捨てることにしました。
c0195271_21194790.jpg
娘は投げる方向を間違えました。

c0195271_21471823.jpg
そうして、娘は、子供のうんだうんこをうんと踏みました。


めでたし、めでたし
[PR]

by kojiki-machiko | 2010-02-07 23:37

<< まちこの恋文54 まちこの日本昔話 >>