無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 <   2013年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧   

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 まちこの恋文130   


c0195271_2294194.jpg



あなたは、光に包まれるの。

きれいな涙を流すわ。

欲しかったものは、胸の内にしっかり開花するよ。

目の前にあるすべてのものが優しく温かい。

氷さえも温もりをもって感じる。

細やかな音に頬を撫でられる。

大きな音は、遠のいて行き、静かな音に耳は寄り添う

柔らかい地球、自らの手に見惚れる。

永遠の中の手、愛らしさを覚える、

何もかもが子供たち、年齢は消えて、

石も、呼吸を始めていく、

夜明けの砂の、ひとつひとつぶが、遠くの星のように瞬いていく、

鼻の奥を通る空気、皮膚の俄かな動きが、不思議なほど、実感される。

時が柔らかい。

高揚することなく、平和で、血の巡りを忘れるほど、世界に見惚れる。

回りがどう動いても、あなたは、それが良く見通すことができる。

あなたは、光になる

あなたは、光っているから、

もう、光を欲しがることもない。

穏やかで和やかで朗らかで、美しい。

悲しく静かで優しい。

あなたは、おしまいの風景。

さようならの花束。涙そのもの。

笑い声そのもの。


ねえ、一緒に生きてることを、笑い飛ばして。

そして、もう一度。生きよう。


楽しすぎて、涙がこぼれます。

優しすぎて、涙がこぼれます。

安心しすぎて、涙がこぼれます。


象の肛門から、小鳥たちが飛び出します。

馬の鼻から、菜の花が顔を出します。


あたしのあそこから、七人の小人が登場します。



1時間100万円で。

あたしをいかがかしら?
c0195271_2385887.jpg



あ、やっぱり、1分100万円。
c0195271_30449.jpg


高級売春婦 まちこより
[PR]

by kojiki-machiko | 2013-02-17 22:16

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 まちこの恋文129   

忘れていた記憶がよみがえる。

c0195271_10221537.jpg
c0195271_1022431.jpg

c0195271_10215659.jpg



スポンジに一本の張りつめた糸が喰い込む感覚。


言葉の呪術。


死んでくれという完ぺきな殺意の引き出すもの。


暗い雲が立ち込め、胸の中に入ってくる感覚。

手に汗。自分が生きていてはいけないような気分。

寒気。他人の声。亡霊のような気分。

誰かに攻撃されるのではないかという不安。他人の目が怖い。

口の中が渇きっぱなし。


完全に裏切られたことのある人間だけが持つ気持ち。



幼少期の記憶。


そうだったそうだった。


こんな風に昔、世界は怖かった。

恐怖心、不安、心配性。


10分に一回トイレに行く感覚。


そうだったそうだった。


安心感とは、体温だった。


母の胎内だった。あるいは、腕の中だった。

誰かに抱かれたい感覚。


そこから離れる不安。


抱かれていたはずの安心感が、突然、暴力に変わること。


そうだった。そうだった。


忘れていた記憶。かき消したはずでも残っている記憶。


部屋に取り残されること。

待つことなんてできないのに、待つことしかできないこと。

暗闇の黒さ。


父からの謝罪。母の不安。

それでも、とにかく愛されたこと。


父親の痛み、母親の憂い。愛の矛盾。
c0195271_10221041.jpg

希望でなくてはならないこと。




ああ、あなたは、あたしだった。


いまのいままできづかなかった。


どうして、あなたとであったのか、どうしてあなたに感心を抱いたのか。

ようやくわかった。


そっくりな傷を持つこと。
c0195271_1155263.jpg



傷つけられた分、傷つけたい気持ち、それを無意識にしてしまう自分に対する恐怖。

生きるために備わってしまった自分の弱さ。

自分に対する不信感。罪悪感。

やりすぎた自己否定。

自分を覆い隠してしまいたい気持ち。

痛みのリフレイン。

誰が悪人で誰が善人なのか。

誰が誰の人生を選んで生まれてきた?


苦しみ、悩みの伝言ゲームなの?


いつかここから出られる。


そう、

考えようによっては、

今すぐ出られる。
c0195271_10214959.jpg



いつか?

今すぐ出られる。
c0195271_21571826.jpg



わたしは、5歳のとき、家中にマヨネーズをばらまいて、精神科につれて行かれたの。

あのときの解放感。

そのとき、親が変わったの。

絶対に嫌われたくない親に、てやんでえしゃらくせえ。ということ。

素直な気持ちを伝えるということ。

マヨネーズを出すのは気持ちいいということ。


考えてみれば、あれは、あたしの最初の芸術的行為。


単純なこと。

自分自身に、おまえ、しゃらくさい。といっちゃうこと。

自分自身に優しくなるということ。


過去の痛みをいくらいじくりまわしても、

過去の選択をいくらいじくりまわしても、

空は晴れない。


単純なこと。


伝言ゲームやってるだけ。

それを体験してるだけ。

赤ん坊だったわたしを叩いたことは、仕方ない。

そのとき以外に、たくさんの優しさがあった。

サンバイザーに、タンクトップに、半ズボンに太ももに大量の足毛、ハイソックス、似合ってた。

自分のした過ちを子供は覚えてないのに、正直に打ち明けてくれた。

ほんとうに一緒に生きてくれた。

どうせやるなら楽しい伝言ゲーム。

人には、いくつもの瞬間がある。

人間だって、現象のひとつ。

雨、風、雷、春の午後。

あたしの心だってそう。

たったいま、体が新陳代謝してることに気付く。


「ご安心なされよ、危険は去りましたぞ。」

と断言ゲーム


過去のことを考えなくてすむほど、今、遊ぼう。

何度でも、自分をぶっとばす。


その繰り返し。


そのたびに優しくなれる。ならざるを得ない。

丁寧に咀嚼すればするほど解かる。



愛、調和、善意、バカ、あほ、ちんどんや。


泣く子は育つ。

謝る子は赦される。

バカは人を笑わせる。


日向が、あったかい。

ありがたいなあ。

よし。

太陽にケンカ売ろう。
c0195271_10292175.jpg


「太陽さん!ありがとう。ひとつ言わせて!
 あたしよりも、光ってんじゃないわよ!!
いずれ、あんたより明るくなってやるからね!
いまは、勉強中だけどね、いずれ、おまえさんなんか燃やしちゃうんだから!!」

あなたの過去を燃やしたいまちこより
[PR]

by kojiki-machiko | 2013-02-04 19:54