無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 <   2010年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 まちこの恋文73   

あたし、知ってるよ。

あなたに嫌われてるの。

でも、あたし、好きだから…ごめんね。

後、着けてるの。

c0195271_2325587.jpg

だから、振り向かないで。

これでいいの。


てくてくと 歩くあなたの あしあとに のせた素足に 浮かぶ血管 


なかなかいい気分よ。血管が生きているわ。

あたしは、満足してる。夕凪にそよぐあなたの二酸化炭素を吸いこむ努力してる。

それでいいの。うふふ。うふふふふ。


と一人で笑うけど。

ほんとは、

振り向いて欲しいのかも。

あなたの顔もみたいと。乙女心が暴れるの。


だから、あたしだってばれないように、

つくったの!



ぴよっ
c0195271_225349.jpg


あなたなら、好きだっていってくれるよね。

きみは、不器用なだけさって。

産まれ方も育ち方も。だから好きさって。

一瞬でも。

あたしを、福笑いさせてくださるでしょ?


まちこより
[PR]

by kojiki-machiko | 2010-09-30 01:35

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 まちこの恋文72   

コーヒー、のむかい?


あの…もしかして、

それって結婚してってこと?


靴ひも、ほどけてるよ。

えっとぉ…

それって結婚してってこと?


雨が降りそうだね。

え!!

それって、結婚してってこと?


おい、まちこ、さっきから結婚結婚うるせえよ!
ぶっころすぞ!


え?fuck you!?ってこと?

あたしのこと、ファックしたいんだね!?

それって、結婚してってことね!


んなわえねえだろ!だまれ!バシッ!

あ、痛い!叩いたわね!血が出たじゃない、
あ…これは!…血痕!


やっぱり結婚したいんだ!
c0195271_1311724.jpg
うれしい!!ありがと!!


…こうして、あたしは婚期を逃しました。何度も何度も。

でも、根気よくつづけてあなたに気に入られたいとおもいます。

まちこより
[PR]

by kojiki-machiko | 2010-09-19 01:35

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 まちこの恋文71   


そんなもの忘れっちまって

c0195271_1203767.jpg

もっといい気分になるまで踊っちまって

そんなもの忘れっちまって


c0195271_1213173.jpg
捨てっちまってよ

踊っちまって

あんなもの忘れっちまって
c0195271_1222935.jpg


さあ、あたしについてきな

c0195271_1225087.jpg

そう、

なんてファンキーなんだ

すごくいい


あんたいいわよ。
c0195271_1231958.jpg


もっと、もっと、うんと、乗っちまって!

そう、あんなことあ

忘れっちまって
c0195271_123437.jpg


あたしと決めるんだよ

そうだ、オーライ!


何の役にもたたないのがいいのよ!

ユーアーアンアーソウ!!


あなたって最高ね。
c0195271_124624.jpg
まちこより
[PR]

by kojiki-machiko | 2010-09-13 01:35

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 まちこの恋文70   

なんかあ、

さばくにくるとお、

すっごい、愛されまくって、

ほんと、もうやってらんないの!

自分がだってことなんて忘れちゃうよ!

もう最高!!


とか、ダチの売女が言ってたんだけどー

んなわけないでしょ、ほざけえ!

あんたのクソ感度といっしょにすんな!


って言って、エラで笑ってやったんだけどお、


やっぱ気になんのよねー、悪い?あんただって来るでしょ?
c0195271_1474741.jpg

で、さばくにくるとお、なんか、うずくっていうかあ

なんか、足の裏とか、

すっごい快感地獄なのよね。


砂の一粒一粒に、愛撫されてるのよね。

小さな命の大群に犯される感じわかる?

熱いのよね、すっごいあっついの。


ただでさえ、こっちは、鯖だっつうの。


人間相手がぎりぎりだっていうのに、それ以上の高温は愛撫じゃなくて
暴力だろって、砂に言うんだけど、砂は砂だから話し通じないのよね。

でもま、たしかな実感ある、愛撫だった。

だから、一晩だけなら耐えられるかな、ってことで、

相手したのよ。
c0195271_214987.jpg

そしたら、砂が、すすり泣くのよね、夜中。

その、音。その音ったらなかったわよ。

そう、聞こえるっていうか、

なんで、あなたは、愛を眠らせておくんですかぁ・・・

なんで愛の出し方、忘れたんですかぁ・・・って。聞こえた。


け!だまれっての、くそ砂!

あんたとは、まったく感覚が違うんだから、勝手に悲しむな!

ってしかってやったわよ。

やさしいのと涙もろいのはぜんぜん違うんだよ!!

あたしゃ、鯖なんだからね!

からっきし、ノーリアクションでも、感じてるっつーの!!

って、砂に、ビチビチ尻尾叩きつけたわ。



そしたら、砂は、その夜、とても冷えた。

とても。

その冷たさは、ほんとうにやさしかったわ。

きっと、気持ちが伝わったのね。

もうまったく別の砂。


砂、砂、砂、一粒ひとつぶの夢の中を泳いだわ。


無言の砂、さらさらとした、静けさ。



そして、

夜明けの砂。


あたし、夜明けの砂が、とても好きよ。最高に好き。

c0195271_25523.jpg
砂漠の鯖より
[PR]

by kojiki-machiko | 2010-09-09 02:34