無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 <   2010年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 まちこの恋文66   

あなたがゾンビになった夢をみました。

以前からあなたの内臓をひと目見たいとおもっていたわたしには、最高でした。

虹色の肝臓、メタリックな肺、鳩の形の心臓。なる度にポッポポッポ。
手とか足とかすごい伸びて、すごく、凄い。ただ、ちょっと、歩き方は物足らなかったな。
そんなに伸びるなら、もっと新しい歩き方できるんじゃないかな。なんて想った。
夢の中では、口にしなかったけど。

まあ、口づけはしたけど、しば漬けみたいな舌が入ってきたけど。あ、恥ずかしい!

噛んで食べちゃったけど、あ。恥ずかしい!

でも、お米は、出て来なかった。貧しい4畳半であなたと二人暮らしの設定だったから。
ただ、ワカメは、あったから、水で戻して、味噌付けて食べた。
あなたも、背中丸めて、小さく見える感じで食べてた。

ちゃぶだいに 丸々ゾンビの 背中かな

だった。ステキ。かわいい。

散歩に行きたいけど、外は強い光であなたには、痛いかなと思って、でも、海ならいいかな。
とか何故かおもって、雨カッパを日よけにあなたに着せて、
小舟で川を下って海を目指すと河童がいるのよね。

で、その河童あたしのこと好きみたいで、でも、
あたまの皿ははじめっから割れてたってことばっかり言うんだよね。

わかった、けど、あたしには、ゾンビになったあなたがいるっていうんだけど、

河童は、あたまの皿ははじめっから割れてたって、しつこいから、もう
河童のあたまから皿をとって、遠くにフリスビーするの。

河童は、旅に出る って言って、どっか行ったの。旅じゃなくて、投げた皿を拾いに行ったんだと思う。

そのやりとりの間、あなたは、ずっとあたしの二の腕辺りをさすってた。なんで?

なんでかわかんないから、ほっといたけど、さすられてるうちに、

あ、はじめっから皿が割れてたって、初めて会ったときから好きですってこと言ってたのかな。
なんておもって、あたしは、河童は意思疎通下手だなあ。とおもって、何回も川を眺めてなんでか川に赦しを乞うのよね。

そしたら、あなたが二の腕さすってるのが、なんか、もういいよ。っていう赦しっぽく感じられて、
あたしは、あなたがやっぱり、やさしいひとで、あたしにはこのやさしさが必要なんだなあ。なんて想った。

そのときね、弾丸があなたを打ち抜いたのは。

橋の上から、わたしの味方みたいな態度で、わたしを救ったようなふりして手を振ったのは、たくさんの鳥人間。鳥人間コンテストの人たち。いんげん豆食べてた。しかたないか。とふと思って。

でも、やっぱり悲しくなって。別にあなたが死んでも泣かないと決めてたけど、

あなたの心臓の鳩が、大きく、ポー!!って鳴いたから。

泣いてもいいかな、と思ったら、雨が降ってきて、あなたの肝臓は、あたしの手にもつことのできる虹だった。

それが、ほんとうにきれいで。それから、視界がにじんでいって、起きたら、朝で、わたしは、ひとりだった。


ひとりで、おはよう。って言う。


おはよう。って言いに来てください。

それか、メタリックな肺からHighになる歌をください。
c0195271_4524831.jpg


まちこより
[PR]

by kojiki-machiko | 2010-06-28 04:56

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 まちこの恋文65   

あなたは、あなたの美貌に気づいてないわ。

どんな目にあったせいかわかんないけど。

あなた、すごいいいわよ。

ねえ、馬鹿なものにあこがれないで、気づいてほしい。

ほんとにいいんだから、あなた。

うーん、いいわあ。
c0195271_5222192.jpg


原っぱでラッパ吹きたい気分。

まちこより
[PR]

by kojiki-machiko | 2010-06-26 05:55

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 まちこの恋文64   

c0195271_1163652.jpg
ロマンチックになるのが怖かったの。


傷つかないためには、

感情を殺すしかないと知ってしまったの。


愛情は人の中でなく。

風景に探すことに決めてしまったの。


わたしは、この世にひとりでいて、

あとは、みんな風景。


親も、友達も、恋人も、みんな風景。



ロマンチックを、雲にあげる。

ロマンチックを、木にあげる。

ロマンチックを、プラスチックにあげる。

路傍の石はあたしを愛してくれる。

捨てられて、雨にぬれた軍手は、

あたしを愛してくれる。

塀にできたしみは、あたしを愛してくれる。

わたしより、やさしい風景を探してるの。


わたしは、わたしより、やさしいわたしを探してるの。


でね。見つけたの。

好きな風景。

あたし、鮫が好きなの。がばっと食べてくれるあの感じ。
みてて毎回すっきりするの。

ぐばあーっと口あけたウバザメが最高。プランクトンねらいなんだけどね。あのこは。

さめは、毎回さみしいのね。みんなに逃げられて。

いかついから殺されて。さみしいねえ。さめは、さめしいねえ。

さめは、正直だねえ。はらぺこで。

でも、あたしが鮫が好きかっていったらちょっとちがって、その風景が好きなのね。

それで、あなたがさめしいかっていったらそうじゃないのよ。

あなたは、かめしいねえ。亀っぽいねえ。おかめちゃんだねえ。噛めば噛むほど美味いねえ。

いい速度で歩くのねえ。

で、そんなあたしは、どんなかっていうと。

はい!
c0195271_1233040.jpg
鯖しがりや!

c0195271_1192193.jpg

誰も通らない道に、あなたなら、通るかと思って。

まちこより
[PR]

by kojiki-machiko | 2010-06-18 01:37

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 まちこの恋文63   

わたし、ばかだから、旅をしなけりゃわかんない

わたし、ばかだから、恋をしなけりゃわかんない

わたし、ばかだから、星をみなけりゃわかんない


静かにしてれば、わかる、あなたがいるのに

わたし、ばかだからわかんない、

大きな声を出して、何か大きな音を聞かなきゃわかんない


静かな海の底、枯れて、枯れて、息してる

花も葉脈もない、白いサンゴみたいな



あなたの形、すごいなあ。


指の形、首の形、さびたイタチ、乾いた血、だれもいない

あなたんち

しんだひとたちも、たくさん。飛んでる。


あたしには、必要なものばかり、世界はいつも、しんだひとたちとわたしたち

しんだひとたちがほしい

そんなひとたち、ぜんいんに、ささやかれないと、わかんない


水の中をぶくぶく、空気が気持ちよさそうに泳いでる。


あのこがほしい、あのこじゃわからん。

咲いた桜の花びらと、散った桜の花びらが、同じ数とはほんとかな

ひーふーみーよー、かぞえてみても、ふるえることにかわりはないの。


死ねと罵倒されることは、生きてと哀願されることでした。


目の前にいっつもある、鏡。

もっともきれいに反射するあなた。


風がやんでもOh!No!

さようなら

さようなら

Oh!No!!

あなたは、
あなたこそは、

Oh!No!!

生死した、静止した生き物。


あしたから、ぜんぶ好きです。

あなたに逢ったから。


はじめてあった時、そう言いたかったです。

いつでもあたしにとり憑いて
c0195271_21344371.jpg


まちこより
[PR]

by kojiki-machiko | 2010-06-07 03:11