無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 <   2009年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 まちこの恋文43   

うんざりです。

あなたには、もう、うんざりしているんです。

うんざりざりがに、がにまた歩きなのです。

わかりますか?あたしのちまきが。

よく蒸された気持ちが表れたもち肌に赤いほっぺたが。わかりますか。

あたしに逢ったときあなたは、こう言いましたね。

「おこめみたいな子だね。黒い服をきたら、おにぎりみたい。
 赤いほっぺは、 梅干しみたいでおいしい。君みたいな子、さがしてたんだ。」

今思えば、「は?」「は?」「あんた何言ってんの?」

あのね、ちまきは、おいしいけど、まきずしじゃないんです。

え?支離滅裂?そうですよ。あたしの尻は、オムレツですよ。黄色いシミがついてるのは、もう、お尻を拭く気力もないからです。カレーの食べすぎで手も黄色いんだ。って馬鹿にされたけど、あれは、ちがうんです。みかんの食べすぎなんですよ。あなたは、馬鹿。

いまも馬鹿。うんざりざりがに、がにまたあるけ。クモの巣で苦悶しなさいよ。この蝕まれたムシガエル。

え?そんなカエルいない?「は?」「は?」「あんた何言ってんの?」

虫と蛙の中間みたいな顔してるあんたのニックネームじゃない、あたし、その顔に惚れた、ホレホレコオロギ。
ホレホレ泣いてるのよ。今日もあしたもホレホレ泣き。穴掘れ、芋掘れ、おかま惚れ。
昨日のあなたに一目惚れ。あーあ、かなしい、かなしい、かなしいねえ、人生っていうのはさ。

「一匹の虫にだって、欲情する権利があるんじゃないのかね。」

じいさんみたいなしゃべり方で、あたしに寄ってきてさ、そのしゃがれた声にあたし、酔っちゃってさ。
欲情させられちゃったわよ。あーあ、あーあ、おなか臭い。おなかが、臭いよお。おならじゃないの。おならじゃないの。おなかが、臭いの。あなたに、もてあそばれた、おなかが、臭い。

プリン食べたい。プリン体採りたい、ビール買ってきてよ。あ、やっぱラム酎。ラムの焼酎割り。

もうだまされないぞ。もうだまされないぞ。もう、だまらないぞ。言うこと言うぞ。


帰って来て。

好きなんだから、帰って来て。


うそだよ。このやろう。うんざりなんだよ。喜んでんじゃないよ。このやろう。ヨロヨロしてんじゃないわよ。

喜ぶとヨロヨロするクセ直しなさい!おがくず臭い!

そういえばね、

ザリガニ姫のザリガニ三昧っておとぎ話つくりましたよ。あたしゃ。

あなたがキスするときの顔は、ザリガニみたいなんだよ。知ってる?気づいてる?かわいいのよ。あなた。

でも、下手ね、下手っぴ、脱皮も下手っぴ。はやく生まれ変わりなさい。それで、ザリガニ三昧させてよ。

うそ、ザリガニ三昧したくない!

楽しいあそび考えたの。たくさん考えたの。うんざりしながら、考えたの。

腹切って、ビンゴ!これ、楽しい。

うそは、ほんと。

ねえ、いっしょに、泥棒みたいに踊ろうよ。

あたし、
c0195271_21482341.jpg

真剣です。
c0195271_23315594.jpg

まちこより
[PR]

by kojiki-machiko | 2009-10-31 13:16

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 まちこの恋文42   

c0195271_154924100.jpg


生まれたときに覚悟してたよ。

あなたにもわたしにも穴がぽっかり空いてるの。

最近

うれしょん。

とまらないんだ。

あなたの「あ」の字を見かけたりするだけで、

ちびっちゃう。


はずかしいな。

器官のあるからだで生まれちゃったんだもん。


穴だらけのあなた。

わかってくれるよね?


あ、風。あたしのあなを通り過ぎていく。

きもちいいな。


あ、また、でちゃう。
c0195271_15495996.jpg


あたしのおむつになってください。まちこより
[PR]

by kojiki-machiko | 2009-10-11 16:02

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 まちこの恋文41   

そこは、場末のバーでした。

あなたは、長髪をサングラスでかきあげて、

わたしに笑いかけたわ。

「きみって、あれ?やっぱナチュラル系?かわいいねえ。こんなとこで、何してんの?」
「…。」
「君の肌、オーガニックだねー。」
「ば…」
「けど、おれなんか、外車乗っちゃってさー、ほんとヤーマンとかいえないんだよねー。」
「ば…。」
「バブルのまんまなんだよねー、おれの暮らし。」
「ば…」
「バブリーマンっていうのかな。おれのこと。それよりさ、おれと、
 ラブでピースで、グッドバイブレーションで、オーイエイする?お金あるよーおれ。」

あなたは、わたしがなにか言おうとする前に、自分の話をする、素敵なひとでした。

「売春してます。」

c0195271_15301833.jpg
その一言を聞いてもあなたは、穏やかに笑っていました

「ふーん。名前はなんていうの?」
「まちこです。」
「おれの名前当ててよ。ほんとの名前ね。」
「ヒントください。」
「あ、がつく。」
「…アブラゼミ。」
「…。」
「…アブラゼミ。」
「きみ、当てる気ないね。」
「…。」
「おれの名前は、ねー…、あいうえお。っていうんだよ。」
「素敵な名前ですね。」

「…愛に飢えた男って書いてさ。」

「…。」

「じゃ、おれ、行くわ!chao!!」

なんのために私に話しかけたのかわかりませんが、また会いたいです。
バブリーな世界へ連れてって!!

あたし、あそこでまだ、売春してます。
c0195271_15304838.jpg


まちこは、待ち焦がれているのです。

まちこより
[PR]

by kojiki-machiko | 2009-10-01 15:54