無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 <   2009年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 まちこの恋文35   

拝啓

毎日お暑いことでございますが、今日などは、台風まで来ましたね。
あなた様おかわりいらっしゃいませんか、御伺い申し上げます。
いつも、何かと、ひとかたならぬご同情たまわり、厚く厚く感謝もうしております。

またしてもお心を煩わさねばならぬ羽目に陥りました私の罪、私の立場、何とぞお許しくださいませ。

面目なく、お恥ずかしく、こんなことお願いできます段ではございませんが、どうにもなりませず、書いては破り、破っては書き致しましたこの手紙、思い切って差し上げる私のつらい心、お察しくださいませ。

実はわたくしの容体、その後芳しくございませんのでタコの潮来(イタコ)のご診察をうけましたところ、白痴になりかけていると申され、あなたとの思い出の注射等で危機は逃れましたが、気がついてみますと、どうにもならない恋病苦、鏡の前のまちこと顔を見合わせてただ、ためいきのみ、思えば心細く、消えも入りたい気持ちでございます。

たった一度のデートありませば、この急場は、なんとか切り抜けられます。
何とかお助けいただけませんでございましょうか。
どうか、崖からの飛び降りに御同乗くださいませ。

また、実を申しますと、昨夜不覚にも盗賊に襲われ、
紙とペンはともかく、わたくしの衣類洋服、全部持ち去られてしまいました。
今朝起きてみまして呆然、穿いていた下着すら、根こそぎ奪われてしまいました。
そんなわけでございますから、この身ひとつ、お待ちするしか術がございません。
もし、あなたさまのお好みのものをお召しいただかせてもらえたらどんなにうれしいでしょう。
葉っぱ一枚でもかまいません。それで外出いたします。どうか何か着るものをください。

あまりにばかばかしく、恥さらしで、こんなことどこへも申し上げられません。
お笑い遊ばすでございましょうが、あなたさまのほかに頼るものもございません。

一粒万倍、あなたさまのひとつの善意から世は大きく救われていくのでございます。

磯の鮑の片思いでは、世は悲しいばかりでございます。

どうぞ、不憫な娘の、純真な希望を、ご激励、おあわれみ、お心添えくださいませ。

c0195271_2111353.jpg

まちこより
[PR]

by kojiki-machiko | 2009-08-31 23:23

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 まちこの恋文34   

首ったけ。
c0195271_1128781.jpg

あなたを深く愛していた私は、さらし首になったのです。


あなたは、馬でした。

わたしは、毎日、毎日、馬小屋へ通い、あなたにすべてをささげていました。

藁のなか笑う。藁のふとん、少しはみ出る、あなたの立派なお尻、眠ってる。

毛並みは草原。緩やかな風、身体の中が青い空。

ささいなことがいつまでも私を感激させたのでした。


なぜ父さんは、わたしたちを理解してくださらなかったのでしょう。

ささいなことに感激できない父は、インターナショナルがどうだとか言って、
覚えたての英語でこうしかったのでした。

「まちこ、おまえは、馬でねえ、鏡を見れ!
ほら、人間の女。ウーマンだべ!な!ウーマンだべ!!」

わたしは知っていました。父さんは、ウーマンと言いたかっただけなのです。

それでも父さんがわたしを愛しているのはとてもわかっていました。

立派になれ、世界で胸を張れる、ジャパニーズウーマンさなれ!

父さんの夢とわたしの夢は、違うのです。

わたしは、ささやかなくらしの中に真実の愛を知ったのです。
父さんの抱えたコンプレックスを植え付けたのは、誰でしょうか。

わたしは、父さんにもっと自信をもって欲しかったな。

そんなあなたとはかけ離れた話をする私をあなたは、
黒く深い眼で静かに見つめ、深い鼻息をかけてくださいましたね。
あの、かぐわしく包み込むあなたの鼻息の匂いが大地そのもの。

鼻息ひとつで、あなたは、

いつまでもわたしの胸を、名づけられたことのない世界へ連れて行ってくれた。

この世に愛していけないものなんて、あって?


とうさんは、あなたの首を落としてしまいました。


首のなくなった身体は、重心を失い、倒れ、血は花火

たくましい四肢は、中空を、空っぽの世界を、蹴って、蹴って、遥か遠く、彼岸を超えて…

あなたは、地球の重力から、解放されていったのです。


あたし、地球の芯がアホほどさみしがってるの知ってる。

重力だ、引力だ、あたしたちを縛っているのは、地球かな。


首のない身体って、あんな風に駆けるんだ。

あなたのように、あたしも駆け抜けることができたらな。

首を落とされた私の体は、どうやって、痙攣するのかな。

あなたの死みたいに、

嘶(いなな)く身体であったらいいな。



あなたは、躍動していく静かな魂の持ち主でした。


首をささげてあなたのもとへ


父さんに、気持ち伝わったのかな。
c0195271_11283153.jpg

わたしたちの首、オシラサマに捧げます。
まちこより
[PR]

by kojiki-machiko | 2009-08-22 13:05

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 まちこの恋文32   

このイカれたイカ野郎!!

しどい!なんてこというの!

だまれ、げっそり痩せた、ゲソやろう!

しどい!

スルメだけがする目っていうのがあるんだよ、お前の眼は、それだ!
スルメばっかり食いやがって!!

き!!許せない!!

おお!!怒ってやがるな、でたな!このイカり肩!!おお、こわ!!

う、う、うわあああん!!す、す、墨でそめてやるうう!!!

あ!やっぱり墨を吐きやがったな!
おまえは、人間じゃねえ、異界からきたイカ女だ!!


うわああああん!!


そんな風に泣かされたこともありました。

あたし、スルメがとっても好きだから、きっと、嫉妬されたんだっていまは、想ってるの。


それに、あの人馬鹿なんだ。知らないんだ。

あたし、噛めば噛むほど味がでる女なのに。

もっと、噛んでほしかっただけなのに。


黒く染まれば、染まるほど、光をよく、吸収することができるのに。

墨は、プレゼントだったのに。

暗ければ、暗いほど、誰も気づかないような、

忘れ去られた、かすかな、かすかな、光にも気づいてあげられるのよ。


そういう風に世界をみれなかったあの人は、大した男じゃなかったのよ。ちぇ!


けれど、スルメをくれた、あなたは、違うもん!イカしてる旦那!!
c0195271_12585343.jpg

c0195271_12592580.jpg

c0195271_13201138.jpg

あたしたち、あなたに惹かれて光るホタルイカになる!!

まちこより
[PR]

by kojiki-machiko | 2009-08-09 13:11