無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 <   2009年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧   

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 まちこの恋文27   

今夜の月は、
c0195271_23551737.jpg

あの日に似てる。
c0195271_017296.jpg

自由を奪われ、
c0195271_0103715.jpg

もてあそばれた。
c0195271_0112284.jpg

夢の夜。
c0195271_0115165.jpg

ハイヒールでヒーリングされちゃった。
c0195271_0122617.jpg

それは、赤い、愛の歴史。
c0195271_013036.jpg


痛みの中に、いくつもの優しさが隠れていたの。

鋭く弧を描く月が教えてくれたこと。ずっと忘れない。

まちこより
[PR]

by kojiki-machiko | 2009-06-27 00:15

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 まちこの恋文26   

昔、書いた恋文がでてきたの。

あなたに少しでも気持ち、伝えたくて。

届かなかった恋文。

c0195271_082385.jpg

c0195271_085134.jpg
c0195271_091321.jpg


あなたは優しいフレンドマン。

わたしはいつでも、おたずねものよ。


それから、

昔の恋文だけじゃ失礼だと思って、歌をつくりました。

たったいま、ノリで。何も考えず。

いちおうラブソングのつもりです。

みかん色の歌、だって、恋は、いつも未完成だから。


ここに、音を載せようと思ったけど、やっぱりやめてよかった。

だって、恋文に歌は、やっぱり、余計だもの。
[PR]

by kojiki-machiko | 2009-06-21 00:10

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 まちこの恋文25   

くそったれ!

くそったれ!

くそったれ!


豪快に誤解していいよ、あたしのこと

あなたの好きなように、嫌いなように、決めつけていいよ、あたしのこと

どう呼んでくれたってかまわない、愛してあげる


くそったれ!

くそったれ!

くそったれ!


あたしもあなたを決めつけてあげる、恐ろしいほどの愛を込めて。


あなたは、ふんころがしよ!


かぶとむしのように力を誇示せず、

蝶のように美しさを見せつけず、セミのように鳴かず、

捨てられた、廃棄物を愛でてる阿呆!

逆立ちして、地球の重力に唾を吐き、

ブルースさえ歌わず、ロックさえ歌わず、


ただぁ黙って、うんこのたまぁ、転がしてる。

たまらない旦那!

まったくもって、粋な、くそったれ!

雨降って、糞固める。

お気に入りの地球をつくってる、アナーキスト!


あたしのうんこも転がしなさい!!


あたしのくそに甘えたいだけ甘えなよ、爆破してあげる。

何もいらなくしてあげる。


いま、すごいの出てるとこ。
c0195271_3522747.jpg

くそったれまちこより
[PR]

by kojiki-machiko | 2009-06-16 01:37

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 まちこの恋文24   

わたし、気づいたの。

わたしの質問にはいつも、

現象が答えてるってことに。


ほら!見て!

嘆きの鼻毛よ!
c0195271_34174.jpg


わかるでしょ?

知ってほしいのよ、そこにいることを、鼻毛だって。


華々しく咲かせてあげたいな…


あなたに、知ってほしいのよ。

細部まで。


わたしが言う前に現象があなたに示してる。


ねえ、見て、わたしの正体。

わたし、見る、あなたのこと。


この世は、いつでもショータイムなの。



ほら、いまもこんな真夜中に…

わたし、何か、見てる…


まちこより
[PR]

by kojiki-machiko | 2009-06-09 03:07

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 まちこの恋文23   

酩酊して、目イッてる。だろうな、今、あたし。

最低だけど、咲いている。

カエルがゲッコゲコ、月光の下

鳴いている、あたしの代わりに。

あのときのあなたみたい。

泣きたい気分で泣けずにいたら、

泣いて現われたあなたに、救われた。

あたしの気持ちに、偶然答えるあなただもん。

くたびれた都会のはじっこ、

朽ちる古いビルの影、くちびる寄せて、ふるえてるふたりに降る、出来すぎた月光。

あ…、雨、月光があるのに、雨。

夜の天気雨。

紫色の電線の閃光に雨露。

カラスの濡れた羽。

心もとない、あしもとに、汚れたカエル、どこ帰る。家もなく。親もなく。

あるのは、雨と、消えた夜。

ほら、ぴょんぴょんぴょん。

前へぴょん、後ろへぴょん。

ぴょん、ぴょん、ぴょん!

飛び跳ねて、ぬげた靴の

悪魔に似せた、マニキュアの似合わぬ、あたしの胸の奥。

純粋な悪魔は、天使のことを、きっと、よく、知っているの。

そうつぶやいて、酔っているわたしは、少しだけ、泣けた。

ヒロインになれず、泣いていた。でも、あなたが見てたなら。

あなたがいるのなら、だれもいなくても。

あなたがいるさ。あなたがいるさ。

もう、来る、頃。

c0195271_158779.jpg

月光の虹を見た、まちこより
[PR]

by kojiki-machiko | 2009-06-04 01:58