無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 <   2009年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧   

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 まちこの恋文8   


 どっ恋しょ♪

 どっ恋しょ♪

 寄り切り、押し出し、突き落とし♪
 
 どっ恋しょ♪

 どっ恋しょ♪

 もろ差し、みぎよつ、ひだりよつ♪

 どっ恋、どっ恋、どっ恋しょ♪

 上手だし投げ、すくい投げ、下手ひねりに、内無双♪


 あなたと一緒に作った歌、今でもこうして覚えてます。


 「一緒に住もう♪」

 土俵のことしか頭にないあなたにそう言った私、

 「一緒に、相撲!」

 輝くあなたの瞳、そして、ぶちかまし。

 わたしの、薔薇のあばらに飛び込んで来たあなたの全て。

 そうすること以外に、あなたの表現方法は、なかったのを私、知ってた。

 単細胞、ばかの一つ覚え。
 
 だけど、あなたの中にどれだけの嵐が吹き、涙枯れ、塩となり、

 それが土俵に辿りついたのかな。

 『時がきて、にらみ合ったら、ぶちかまし、はった惚れたも、土俵のことさ』

 そう、詠ってつっぱったあなた。それがあなたの人生に対する態度だった。

 ぱりっぱりっ!と歯切れのいい音をさせて、おしんこを食べる。

 そんなところにも、私、惚れていたの。あまりいい音だから私が褒めたらあなた、

 恥ずかしそうに言ったわ。

 「てやんでい!おしんこを、信仰してるんでい!」  
 
 すぐ、照れて、あたしにぶちかまし。

 あなたのぶちかましを受け止めるとき、その衝撃以外は、何も無くなる。

 それは、幸せという言葉では、語れないほどに、わたしたちの全てだった。

 だけど、やっぱり、うっちゃりで、私、あなたに投げ捨てられちゃった。

 今度は、うっかりうっちゃりされぬよう、いつまでも、ひきつけ、がぶり寄りするんでい! 
 
 
 ほら!

 ハッケヨーイ!!
c0195271_162599.jpg

まちこより
[PR]

by kojiki-machiko | 2009-02-26 01:17

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 まちこの恋文~渡し方講座~   

さて、この回は、少し趣向を変えて、恋文の渡し方講座にしてみようかと
思います。

それでは、授業のはじまりの挨拶をしましょう。

「先生、ばかやろう!(皆で)先生、ばかやろう!
 みなさん、ばかやろう!(皆で)みなさん、ばかやろう!」

一度、罵倒しあうだけで、ずいぶん関係って深まるものですね。
言葉って便利ですね。それでは、ついでに謝っちゃいましょう。

「先生、ごめんなさい!(皆で)先生ごめんなさい!
 みなさん、ごめんなさい!(皆で)みなさん、ごめんなさい!」

これで、もう、クラスみんな友達ですね。
なんて、思ったら、
大間違いですよ。ばかやろう!

全員恋人だよ、ばかやろう!

さて、恋文を渡す方法です。

直接渡す、というのも手ですが、それでは、その場で口頭で伝えることができるので、
やはり、間接的に渡すのが、恋文の醍醐味ではないでしょうか。

さて?どうやって渡すのがよいでしょうか?

みなさんの記憶によみがえってくる光景がありますね?

そうです。げた箱です。

それでは、演技も天才!イラストレーター界の主演女優boojil社長をモデルに今回は恋をすすめていきましょう。

げた箱に、恋文を入れる前のどきどき、好きな気分。もじもじ。
こんな顔ですね。
c0195271_111291.jpg


そして、こっそり、誰にも見つからぬように、
げた箱、に、投函!
やりました!
決して、見つかってはいませんよ!
こんな顔ですね。
c0195271_1115621.jpg


さて、投函するときに、興奮していた、boojilさん、
なんと、げた箱ではなくて、豚箱に投函してしまっていました。
あらわれた、勘違いした、ブタがやってきます。

しかも、なんと、豚語で、

「ごめんブー!」

そのときのboojilさん。
こんな顔ですね。
c0195271_112323.jpg





みなさん、くれぐれもげた箱と豚箱を間違えないようにしましょう!
[PR]

by kojiki-machiko | 2009-02-25 01:35

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 まちこの恋文7   

「シリアスな尻だな。」

そう侮蔑され、私のお尻は、あなたと、お知り合いになりました。

あなたの思想によれば、お尻は、安心。和み。そうした感慨を与えねばならぬもの。

それなのに、わたしのお尻は、深刻すぎるとのことでした。

いったい、わたしは、生まれ持った、このシリアスなお尻をどうしたらよかったでしょう。

初めは小さな音で、尻を叩いていました。気がつくとリズミカルに。
尻をたたけば走るのは人も馬もかわらないというのがあなたのおかげでわかりました。
むちゃな鞭で競走馬の狂想曲を奏でた夜道、一人で一匹世界から外れてく。

ふと、眺めた月が、滲んでいったのは、無視できました、でも、
口に塩っぽい水滴が入ったのに気づくと、嗚咽が込み上げ、唸り声をあげ、
さながら、狼女寸前でありました。

『シリアスな お尻照らして 笑ってる 恨めし月の 丸みかな。』

転び果て、尻もちをついて、一句読めば心も少しは落ち着きを取り戻し、こう思いました。

悲しいのは、私じゃない、私のお尻。

私は、楽しい。恋をしているのだもの。けど、お尻は、悲しい、シリアスだから。

そうやって、一度、私とお尻を他人にすることで、悲しみと怒りをごまかしました。

あなたの嫌うシリアスなお尻、でも、わたしだけは、愛してあげよう。
そうしなきゃ、お尻があんまりかわいそう。お尻の悲しみを癒すのは、わたし。。

そう思い立って、わたしは、私のお尻を、日々撫でてやり、人知らず、誉め讃えているのです。

いつの日か、あなたに褒められるその日まで。

シリアスなお尻の問題は、こうして解決しそうです。きっとあなた、誉めてくださるでしょう?

その次に私が考えたのは、あなたが、ちらりと一瞥したわたしの女性的シンボル、乳房です。

ここは、こここそは、あなたに安心を与えなくちゃ!

安心の象徴としてすぐに、浮かんだのは、

そう、お芋さまです。

ちかごろ、わたし、恥ずかしながら、打ち明ければ、豊胸したのです。お芋で。

これなら、安心。でしょ?


まちこ
c0195271_16153025.jpg
より
[PR]

by kojiki-machiko | 2009-02-17 16:17

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 まちこの恋文6   

私は、あなたに、近づいてる、

あなたの知らぬ間に。

でも、それじゃあ、あなたが気づかないから、

こうして、恋文を書くのよ。


怖い?わたしが怖い?

泣いたって、つけた首輪は、はずさない。

あら、一句、浮かんじゃった、ま、これじゃ、甘いわね。

おびえるのが、暮らしのあなたに、ひとつ、いいことを教えてあげるわ。

歴史は嘘、去ってゆくものはみんな嘘、そして、明日来る、鬼だけがほんと!

さて、あした来るのは、だれかしら?

恐れでいっぱいに膨れ上がった顔をあたしに、みせてちょうだいね?

わたしが見たいのは、


恐怖の強風にあおられ、ドロドロの驚きにまみれ、妄想の暴走がはじまり、

わたしなしでは、生きられなくなるあなた。


うふふ、うふふふ、うふふふふ。

この微笑の文字が、恐怖の「怖」にあなたには、見えるかしら?

う怖怖、さあ、あなたも、笑いなさい、笑いなさいよ。

ガタガタ震えながらも、ほんとは、ワクワクしているあなたが

好きよ、あなたのすべてが、そこにいるわ。

あなたが、のぞむなら、世界中を恐ろしい微笑みで埋め尽くしてあげる。

一緒に、恐怖と戯れましょう。


まちこ
c0195271_4115895.jpg
より
[PR]

by kojiki-machiko | 2009-02-09 03:33

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 まちこの恋文5   

消した、文字の数は、どれくらいかしら?

あなたに恋文を書くために、

最後に残った言葉を、贈ります。












芋は、










いいものです。










芋のまちこc0195271_2444151.jpg
















より
[PR]

by kojiki-machiko | 2009-02-04 02:47