無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 <   2009年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧   

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 まちこの恋文4   

「引いてる?引いてる?」

初めて会ったとき、あなたが始めたのは、イスラム教の話でした。

言ってすぐ、「引いてる?引いてる?」とひきつった笑顔であなたは脅えた。

「ひ、惹いてる。」と想いました。

イスラムが好きと言っただけなのに、引かれると思ったあなたの不必要な脅えに

私は、とても惹きつけられて、きっと、もうそれだけで好きになっていました。

そんな風に簡単に恋に落ちることもできるのだと気付きました。

その日以来、私は、イスラムの教えの通り、髪をショールで覆って過ごしました。

不思議なことに自信と平穏が心にもたらされました。

その結果、わたしは、 いたずらをする機会がふえました。
しまいには、子どもたちと一緒になって、空き巣団を作ったのです。

「わたしが空き巣団を作った」と言ったのを、「パキスタンを救った」
と、聞き間違えたあなたが、よっぽどかわいかったので、あなたのうちに空き巣に入り、
こどもたちと、かわいらしいいたずらをたくさん施しました。

翌日、洗濯物と一緒に干されていたアロエの葉を、うれしいニュースだと報告してくれたあなたをどれほど私が愛したことでしょう。

あなたが喫茶店で、砂糖を入れる仕草が近寄りがたいほど、静かな魅力をたたえていて、
神聖なように見えたのが今でも目に焼き付いています。

あなたには、何気ない、瞬間を充実させる才能がありました。
あなたといるだけで、世界がすこしずつ語りかけていることに気付けるほどに。

あなたが傷心のあまり、過食し、拒食し、両親に殺意を抱いたのを打ち明けてくれたとき、
朝顔の葉っぱが、窓辺に陽を浴びていたのに私は見惚れていました。
これは、偶然ですが、ドブを眺めているときとは、印象が異なります。
あなたの希望に満ちた未来を想像できました。
これは、重要な差異に思います。
悲しい話をするとき、あなたの周りに偶然あるのが、
明るい表現態であったということです。これは、私にずいぶん作用しました。

あなたの身の回りには、偶然にせよ、さわやかな景色があったのです。

そんなあなたですから、老いるころには、侘しく寂しく、それがまた、
凛とした景色になり替わるのでしょう。


イスラムのスラムで、逢いましょう。愛を込めて。

まちこ
c0195271_1133430.jpg

より
[PR]

by kojiki-machiko | 2009-01-29 01:13

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 まちこの恋文3   

獣姦が習慣でした。あなたっていう人は。

牛を後ろから犯し。
猫の寝込みを襲い。
馬のいうままに、犯され。

いったいいつ私と交尾してくださるんですか?

乙女の気持ちをどうお考えですか!

まったく、こんな手紙をださせるなんて!

交尾の執行日を教えてください!

交尾中のまちこより!
c0195271_644095.jpg

[PR]

by kojiki-machiko | 2009-01-28 06:05

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 まちこの恋文2   

大好きです!

カイワレと言われ、
トマトにとまどい、
しいたけとしいたげられ、
老婆に狼狽し、
かぼちゃをかぶっちゃ、
泣いてないって!!と、強がった。

あなたのことが大好きです!


家具を嗅ぐ、あなたの習性をみんな馬鹿にするけど、

あなたにとっては、そんなことがとっても重要なのを、私知ってる。

けど、今度は、家具より先に、わたしのこと、嗅いでほしいな。


お返事、家具のない、ひまわり畑で待ってます。

作り笑いして、待ってます。

きっと、あなたに逢えば、わたし、本当に笑えます。だって、本当に好きなんだもん!


まちこ
c0195271_174241.jpg

より
[PR]

by kojiki-machiko | 2009-01-26 00:57

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 まちこの恋文   

「純粋に小さなノートに駄洒落を書き込む
それはまるで恋する乙女が恋文を書くかのようだ。」

boojil社長は、私のプロフィールをこのように書きました。

はたして私は、そのとき、どのようなダジャレを書いていたのでしょうか?
私には、ダジャレを書いていた記憶は、ございません。

私が書いていたのは、恋文です。

Boojilさんには、駄洒落に見えても、私は、恋文を書いていたのです。
以下がその文面です。




「死体としたい。」

そうつぶやいた、あなたの腕のなかで、私は、まだ、生きていました。

ふいに、わたしは、生きている私が恥ずかしくなりました。

なぜ、死体としたいあなたの前で私は、のうのうと息をしているのでしょうか?

自分の生暖かい体温が、恥ずかしい、恥ずかしくて死にたい。

そんな風にして私を辱しめたのは、あなたがはずめてでした。

あのとき、なぜ私は、

「私のあらゆる臓器をあなたの雑巾にして!」そう言えなかったのでしょう。

恥ずかしさのあまり、逆上した私は、「白痴の吐く血を見せて!」そう叫び、

あなたを…


あなたは、去って行ってしまいました。明後日の方向に。

いまでも、わたしは、あなたを想っています。
もう一度、白痴の吐く血を見せてください。

まちこ
c0195271_061099.jpg
より


Boojilさんは、「まちこのネタ帳」と、私のブログを名付けました、

所詮、私の恋文など、boojilさんにとっては、ダジャレで、笑いのネタでしょう。

それでも、私には、大切な「恋文」なのです。

わたしは、ここに、だれにも出さずにいた恋文をしたためていくことにします。
[PR]

by kojiki-machiko | 2009-01-18 00:09

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ホームページができました   

c0195271_4431955.jpg


乞食ガールズのホームページができました。

めでたいのです。
[PR]

by kojiki-machiko | 2009-01-08 04:44 | 日記