無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 まちこの恋文137   

ひびく、うねり

誰がいようと 誰もいなかろうと

音がある。

キラーチューン

けだるさの奥に隠した 殺意にもにた

生きようとする 夜の光

月の港に辿りついたあたしは、
真夜中の虹を見る

夜の天気雨があたしの全身を細かく湿らせていくよう。

あたしは、飛び跳ねる一匹の魚

網に絡まり、もがく果て、

自分の網を食い破り、踊りやぶり、月光のもとに飛び跳ねる。

引き潮、満ち潮、音色に波しぶき

全身を昇るのは、この世の情景

ここにある存在の意義

捨てられたものたちがひんまがって、立ち上がる

形は変わる。

そのままで。
c0195271_0255060.jpg


捨てる神あれば拾う神あり。


あなたの体力、あなたの息遣い、心意気


あたしは、あこがれる。


空っぽのまま。何もかも、在るんだな。とそのとき思えたから。


あたしが生きることができる。


不器用なまま、感謝の気持ちだけが、奥の奥に込み上げる。


あなたに会えてよかった。


月の港。ストレンジストレッチレコード。トム。
c0195271_027276.jpg




かーっちょいいーーーー!!

まちこ
[PR]

by kojiki-machiko | 2013-08-09 00:23

<< まちこの恋文138 まちこの恋文136 >>