無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 まちこの恋文20   

右の二つの指で、自分の鎖骨を指差し、

だだだだだ!

耳元で、手を開く限りに素早く開いて、

きっ!きっ!

手首をあごの前で、回して、

閉じた手が、扇風機みたいに開く。

音はなく、口を曲げるだけ。

これを、気持ちのいい不規則なリズムで繰り返す。

その仕草に合わせて、

顔中がくるくる入れ変わる。

中空を見上げて、尖らせるあなたの口の

平行四辺形が好きでした。

少し大き目に開いた瞳が、世界を洞察してるのを

見るのが好きでした。


海と、雲を眺めて、列車の中。


あなたの受信している世界を想像するだけで、

私は、胸の奥がカチカチ光る気がしたのでした。


白い肌に、ワカメみたいな髪の毛がはりついて、

鼻の下のうぶげが光ってそよいでた。


あなたは、夏の風物詩。

夏があなたに、なついてた。午後の懐かしい、日差し。

また、逢えたら、いいのにな。

c0195271_21491216.jpg

[PR]

by kojiki-machiko | 2009-05-20 18:29

<< まちこの恋文21 まちこの恋文19 >>